市場動向をチェックしよう!

自社のWEBサイトがどのような評価を受けているか

を調べる方法を前回、お伝えしました。

今回は皆様の業界でどのようなキーワードが

注目を浴びているかを検索する方法をご紹介します!

次の手順に沿って一緒にやってみてください!

(1)「Google AdWords キーワード プランナー」を検索し、
   ログインします。
   ※GoogleのIDが必要となります。
    お持ちでない方は事前に登録して下さい。

(2)左側の「オプションを選択してください」より
   「新しいキーワードと広告グループの候補を検索」を選択します。

(3)詳細画面が現れます。その中の「宣伝する商品やサービス」と
   いう欄に検索したいキーワードを入力します。

 ★ 皆様の会社名や取り扱っている商品、商品(サービス)分野
   を入力してみてください。

 ※ 今回は例として私が携わっているソフトの分野である「SFA」で検索してみます。

(4)そして他の条件は無視して「候補を取得」をクリックします。

(5)そうするとあらビックリ!
   その対象キーワードがGoogle(日本)においてどれくらい検索
   されているかが表示されます。
   ※「広告グループ」「キーワード候補」というタブが画面中央
    くらいにありますので「キーワード候補」を選択してください。

   キーワードの横に数字が並んでいますが、「月間平均検索ボリューム」と
   いうのが月々、日本で検索されている回数です。
   「SFA」だと月間約8,100回検索されていることが分かります。

(6)さらに下の方には皆様が検索したキーワードに関連のある
   キーワードがどれくらい検索されているかを表示されます。
如何でしたでしょうか?

私がこのサイトを使うシーンというのは

「自分が重要視しているキーワードが果たしてどれくらい市場に
 おいても検索されているのか?みんな興味を持っているのか?」

という時です。

WEBサイトを作成する際にSEO対策するキーワードとして盛り込む

ことはもちろんのこと、販促用のチラシやパンフレットを作る際にも

目を惹かせるためのキーワードが「旬」なものなのかをここで

チェックしてます。
【質問】市場に認知されている言葉を販促に使ってますか?


自社のWEBサイトを診断してみよう!

皆様の会社のWEBサイトが、狙っている

検索キーワードでGoogleやYahoo!で一体何位に表示

されているかご存知ですか??

今日はWEB素人の私が(自慢げに)自社サイトの診断方法を

お伝えします(^^;)

是非、以下の手順に沿って一緒にやってみてください!

(1)SEOチェキというサイトを開いてください。
URL:http://seocheki.net/

(2)画面中央のURL欄に自社のwebサイトアドレスを入力してください。
例:私のサイトであれば「http://sales-designer.com/

(3)そうすると・・・

あら簡単♪

自社サイトのSEO対策に必要な診断情報が出てきます。

全てを解説するには超長文となってしまうので、

一部だけ診断項目の見方を紹介しますと

title 
→これはGoogleやyahoo!で検索した際、皆様のページが
 表示された時に表示されるメッセージのことです。
 検索した人はここのメッセージ=titleでページをクリックするかを
 判断します。検索した人が興味を惹かれるメッセージになっています
 か!?※一般的にtitleは30文字以内くらいが良いと言われています。

description
→Googleなどで検索した際に太文字で出るのがtitle。その下に簡単な
 説明文も一緒に出てきます。その説明文がdescriptionです。
 当サイトであれば
 「大川直哉のwebサイトです。私のこれまでの営業経験をもとに
新規開拓(飛び込み営業)・ルート営業手法の極意(というか失敗談)
を公開しています。
」とtitle同様、
 検索者の興味を惹くキャッチコピーや信頼を得るメッセージを
 書いています。

Google PageRank
→これはGoogleがくだした当該サイトに対しての評価点です。
 0~10の11段階で表示され、11が最大です。
 当サイトはまだ作ったばかりなので、表示なし・・・orz
 三菱東京UFJ銀行でさえ「7」。超厳正な評価です。

そしてこのSEOチェキの診断画面で大切なのが右下の
『検索順位チェック』です。

こちらにワード1、ワード2、ワード3と並んでいますが、

その空欄に皆様がご自身の会社の商品やサービスを

検討する立場だとして、どのようなキーワードでGoogleやYahoo!で

検索するでしょうか?

思い浮かんだキーワードをこの1~3に入れて

「チェック」を押してみて下さい。

そうするとGoogleやYahoo!でそのキーワードを検索した場合に

それぞれ何番目に表示されるかを教えてくれます。

「良く、自分のサイトが●●というキーワードで上にあがってきた」

と仰る方もいらっしゃいますが、自分のサイトは何度もアクセスをすると

自然に順位が上がってくるので、それは正式な順位ではありません。

このツールで出てくる順位が一般の方も見る本当の順位となります。

弊社で言えば「ルート営業 コツ」で18位、と検索できます。

この特定のキーワードの検索順位を上げるためには、

titleやdescriptionの内容、そしてwebサイトの構成など

そもそもの作りが大切になるわけです。

これらを私のような素人でも簡単にWEBサイトを作れたり、

SEO対策もそれなりに対応できるようにアシストしてくれるのが

wordpressです。楽チンにサイト制作、SEO対策が出来ますよ!

【質問】自社のサイトは方針や戦略に応じた
    対策がなされていましたか?

初心者の私でよければいつでも素人苦労話やサイト制作方法を

お伝えします(^^;)


FAXDMは集客において有効なのか!?

この度、セミナー集客のためにFAXDMを配信したのでその結果について

ご報告致します!

と、その前に・・・・・

私がFAXDMをヘビーユーズしていたのは2008~2012年頃。

当時勤めていた会社では「営業力強化」をテーマに

セミナーを毎月開催してました。

そのセミナーへの新規見込客を集めるためにFAXDMを

使っていたのですが、当時は約18,000件配信すると

6~12名くらいのお申込がいただけていました。

率にすると約「0.04%」です。

そして今回、弊社セミナーとしては初めてFAXDMを

使って集客することを試みました。

私としては上述の「0.04%」という数字が3年経った

今でも通用するのかドキドキだったので、

当初10,000件配信する予定でしたが(ビビッて)、

5,000件×2回と分けて配信することにしました。

そしてその初回分5,000件の結果ですが・・・・・

「3名」のお申込が頂けました!

率だと「0.058%」となり、今の時代においても

まだまだ有効であると言えることが分かりました。
※まだ5,000件打ったばかりなので、検証母数が
 少ないといえば少ないのですが。。
今回提示した「0.04~0.05%」の申込み返答率は
・「売上UP」をテーマにした場合のセミナー集客の場合
・大川式FAXDMの場合
・従業員規模10~100名規模をターゲットとした場合
・火曜~金曜の朝8時に配信した場合
という条件の場合の数字です。

今後は申込み返答率をより高めていくために

これら条件をいじってみようかと考えているところです。

FAXDMについては述べ30万件、100万円以上を投じて

失敗したりそれなりにうまくいった経験がありますので

もし皆様が集客活動にてFAXDMをお考えの際には

お気軽にご相談ください♪

【質問】FAXDMはまだまだ有効っぽいですぞ!

質問ではなかったですね(^^;)

IT全盛の時代においても、まだまだ紙の情報媒体が目を惹く

ということをもっと検証してみます。