デザイナープロフィール

SalesDesigner.comをご覧頂きまして、ありがとうございます。

本WEBサイトの運営者の「大川 直哉」と申します。

簡単ではありますが、本サイトを運営するに至った理由をプロフィールと合せて
ご紹介致します。

1.ダメダメだった営業担当時代

まずこのページ運営に大きく起因しているのが、私自身、新卒で入社した会社において
全く売れない営業マン」であったことです。

入社した会社はコンサルティングや研修、そして企業運営を手助けするITツールを開発・
販売していました。

上のプロフィールシートにも書いてありますが、その会社でまぁーダメだったわけです(苦笑)

コンサル業を営んでいるため、同じく新卒で入った同期や先輩、上司のレベルは高く、
俺は自分の能力を過信してなんて会社に入ってしまったんだー(@_@;)」とよく
後悔したものでした。

 

2.売るコツを掴んだ20代なかば

しかし能力の高い上司、先輩の教えもあって3年経ったくらいからようやく「売る」コツ
が掴めてきました。
というより「慣れてきた」という表現の方が正しいかもしれません。
(当時の諸先輩方、すみません・・・)

よく言われることですが、3年いたらいっぱしの営業パーソンには成ることは出来る、という
ソレかもしれません。

 

3.売ることで悩んだ20代なかば

売れてくると人は贅沢なものです。というより本質的な気づきを得たのがこの頃で、、、

はたして自分の売っている研修やコンサルティング、ツールがどれだけお客様の役に立つこと
が出来ているのだろうか

という悩みを持ち始めました。

 

4.悩みとその解決策を拡散できる存在になりたい

お客様の役に立っているか、という悩みから次第にはそもそも営業パーソンの価値って何だろう?
などといった大そうなことを考えるようになっていきまして、そんなこんなで新卒で入社した
会社を辞めて、中小企業、いや小企業と言える会社に転職しました。

そこでわかったことが小企業においては営業だけできてもダメで、マーケティング、営業、取引
先フォロー、社内運営マネジメントなど全てを水準以上で出来るようにならなくてはならない
ことを痛感しました。つまりスペシャリストというよりゼネラリストが小企業(あくまで小企業
の場合)には求められていることが分かりました。

 

ここでますます「営業パーソンとしての私の価値って何だろう?」という悩みは
深くなっていきました。出会った会社や誰かに対して商品やサービス以外にどんな価値を提供
できるのかを考えた結果、最初に至ったのは・・・・

存在領域を考えてみた

コンサル・研修会社で働いた経験を活かして、その経験から得たノウハウを提供していこうか
と考えましたが、どうやら敵(というより正しくはライバル)が多そうです。。。

困りました。。。。

どうしたらいいのかということを考えまくっているうちに、同じ悩みを持つ営業パーソンや
マネージャーに私の経験(成功・失敗体験、主に失敗体験)を伝えていけたらなー
とふと思っ
たわけです。失敗談を武器にしている人ってあんまりいないのかなと思いました。

で、小企業在籍時にマーケティングを学習、実践した際にWEBの世界に興味を持って、また
仕事の合間にWEBをちょこっとだけ勉強したら、こんなページを作れるようになりました。

じゃあそのWEBの(わずかな)ノウハウもちょっとだけ強みと言えそうです。

営業コンサルの経験、失敗の数々(とITを活用した営業)、そしてマーケティングテクニック、
この3つを掛け合わせたらライバルはグッと減るのかなーと思って私自身の存在領域、営業パー
ソンの価値の方向性が見えてきました。こんな感じです。

大川存在領域

ちょっと自己満足な自己紹介が長かったですね(汗)

そして、まずはこのWEBページを通して世の営業パーソンが抱える悩みと、そしてその解決策を
随時配信していき、世の営業パーソンがもっと楽しそうに、そしてラクに営業成果を
上げていくことが出来ることに一役買えたら
と思ったわけであります。

私の勝手な持論をまとめたページもありますので、何かのご縁で当ページをご覧いただいた皆様
のご参考になればとても嬉しいですし、「分かり切ったことしか書かれてないよ!」という場合
にはどうぞ遠慮なく、率直なご感想を頂ければと考えています。

もし多少なりとも「ちょっと面白いこと言うじゃねーーか(^u^)」と思って頂けた方がいら
っしゃいましたら是非、メルマガに登録してください。

※当ページでは基本的に「営業マン」ではなく「営業パーソン」という表現を使っていますので、
ご了承くださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です