Jリーグ2014年 ガンバ大阪で最も活躍した選手は!?

ここまで2冠を達成したガンバ大阪。
2014年はまさしく山あり谷ありのシーズンでした。

そんなシーズンにおいて、私の中で最も活躍したと映った選手を発表します。
(偉そうにすみません・・・・)

ドゥルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルル ←あっ、ドラムロール音です(^^;)

ダダン!

2014年、ガンバ大阪で最も活躍した(と私が勝手に思っている)選手は・・・

今野 泰幸選手です!

今野選手

今季から完全にボランチに固定され、中断前までは得意の刈り取りよりもフラフラ―とした動きの方が目についていたりしましたが、W杯後はボランチとして戦っていくことを決意したのか、鬼気迫るプレーで失点大幅減に大きく貢献してくれました。

中断後のガンバの快進撃の理由に・・・
・宇佐美選手の復調
・パトリック選手の加入
を挙げる人が多く見られますが、もちろん、それも快進撃の要因のはずです。

ただ僕としてはそれ以上に今野選手のボランチ固定化とボランチを主戦場としていこうという意識の芽生えによる、奮闘が大きな要因だと考えています。

今野選手がボランチに入ることで・・・
・クリーンに相手のクサビへのパスを刈り取ること
・DFラインとのサンド(相手FWをDFと連携して挟み取ること)

が徹底され、ピンチを未然に防げるようになり、また彼の身体能力の高さからミドルシュートも許しませんでした。

単純に見ていて凄いな~と思うのが、50:50、いや30、40:70、60のボールをマイボールに出来ること
明神選手やレッズの鈴木啓太選手もこのタイプだと思っていますが、このタイプが1人、中盤の底に構えてくれているだけでゲームを優位に進められます。

今野選手の場合はさらにフワリ系のミドルレンジのパスを得意としているので、パトリック選手加入によりシンプルに裏へ放り込むことも活きてきました。
これによりチーム全体のポジションを相手陣内に押し込めるため、パトリック選手がボールをキープ出来れば高い位置でポゼッションを行うことが、たとえキープ出来なくてもディフェンスのスタートラインが高いため、リスクなく相手を押し込んだ状況で守備が出来るようになりました。

若手ではセレッソの山口選手がこの守備も出来て、前にもボールを運べることで注目を浴びていますが、まだまだ今野選手の奪取能力はリーグ随一だと感じてます。

来季はアジア(ACL)の舞台で華麗に相手ボールを刈り取るものかと想像するとワクワクしてきます。

ただ、ガンバの2ボランチは能力が高すぎて同じクオリティーのバックアッパーがいないことが欠点とも言えます。
つまり今野選手、遠藤選手のいずれかが試合に出れなくなった場合に今のサッカーが出来なくなってしまうということです。

ユースから上がってきた井手口選手やコンバートで、新たなプレイヤーが台頭してきてくれることに今後は期待ですね★
※個人的には阿部選手がインテリジェンスが高く、狭い局面でもファイトしながら、次の一手を考えてプレーできるタイプのため、ボランチもありだな~とかって思っていたりするのですが、身長面でやっぱり厳しいのですかね(^^;)

★次点★
今野選手以外にもとても素晴らしい活躍を全選手がしてくれて、正直、「誰かを選ぶ」というのがとても難しかったのですが、ここで他の候補者も挙げてみます。

・GK東口選手

東口選手
彼の活躍で少なくとも勝ち点5~10は拾えたのではないでしょうか。
GKは・・・・
読みや経験から守備範囲を広げて未然に防ぐチャレンジ型
ゴール前に張り付き、絶対的な反射神経でシュートストップに徹する反応型
の2つに分類できるというのがGK経験者の私の見方です。

前者で言えばレッズの西川選手、後者ではブッフォン選手かな~と思っています。
藤ヶ谷選手も後者ですね。

が、近年、ノイアー選手のように両方で高い能力がGKには求められています。

東口選手は過去、アルビレックスの選手として対戦して観ていた際には後者かな~と思っていましたが、実際はその両方ができるハイブリット型でした(^^;)
若干、反応型に寄ったハイブリット型と言えます。
反応型に寄っているため、リスキーなプレーが少ないことがまず助かる。
がしかーし、プレー範囲も広く、フィードもスローイングもお上手。

本当、助けられました。

・MF阿部選手

阿部選手
長谷川監督が今年最も成長した選手に選んだ通り、その成長と活躍には目を見張るものがありました。
シュートセンスはもう言わずもがなですが、僕としてはそのサッカーインテリジェンスに注目しています。
チーム内では遠藤選手に次いで、フィニッシュまでの組み立てを意識したプレーが出来ていると思っています。

TVゲームをやっているのでは?と思わせるようなプレー、そしてダイアゴナルでのスペースメイキングと貰い方、そしてフィニッシュ精度。

明日、Jリーグアウォーズが開催されますが、ベストイレブンに選出されてほしいな~と願ってます(>_<)
※候補には入っていましたね!さぁ、選ばれるか!?

・FW宇佐美選手

宇佐美選手
彼については特に語ることはありませんよね(笑)
宇佐美選手のプレーを見ていると、ミドルシュートさえあればサッカーってこんなに楽に勝てるサッカーなのかと錯覚してしまいます。
それくらい彼のシュートレンジの広さは突出しています。

あとは阿部選手や遠藤選手のような受け方さえ出来たら、もう1度バイエルンくらいのビッグクラブに行ってしまうのかな(>_<)

・長谷川監督
J1リーグ戦で優勝させてくれたのですから当然の選出です(笑)
倉田選手、阿部選手、大森選手は昨年頭まであんなにファイトできる、ハードワークできる選手でしたでしょうか?
サイドおよび攻撃的MFにハードワークを実践させたマネジメントというか監督力は彼の手腕としか言いようがありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です