2014年ナビスコカップ決勝ガンバ大阪対サンフレッチェ広島戦~久しぶりのカップウイナー~

またまた更新遅れました(^^;)

自分自身のサッカーの合宿と重なり、生憎テキスト速報での観戦(?)となったナビスコカップ決勝。
前半2-0でサンフレッチェがリードした時はスマホ越しにガックシ来てましたが、結果を見た際には一人でガッツポーズしてました(*^^)v

pc_20141108175044Q09SQTExMTcuSlBH

ガンバ大阪 3 – 2 サンフレッチェ広島
得点者:【サンフレッチェ広島】佐藤寿人 選手(前半20分)
【サンフレッチェ広島】佐藤寿人 選手(前半35分)
【ガンバ大阪】パトリック 選手(前半38分)
【ガンバ大阪】パトリック 選手(後半9分)
【ガンバ大阪】大森晃太郎 選手(後半26分)

先発メンバーはこちら

20141108フォーメーション

スポーツ各誌だったり、評論されている方からは前半のガンバの布陣が悪かったり、明神選手が・・・という意見がチラホラ出てたりしましたが、僕としては序盤は広島のプレスが「お見事!」と感じました。
プレスの際の広島選手の距離感の狭いことと言ったら。
それだけ激しいプレスだったと言えます。

これに嵌って、PK含む2点のビハインドを背負ったガンバでしたが、2失点目直後に遠藤選手のクロスからパトリック選手が1点を返します!
この得点シーン、パトリック選手が見せたフィジカルの強さよりも、「なんで遠藤選手がそこに!?そしてフリーなの!?」というのが注目ポイントです。

対広島布陣を敷いたこの試合。遠藤選手は例によって広島DFラインとボランチの間でボールを受けようと動いていたものの、ガンバ後方の選手がなかなか遠藤選手にボールを入れられません。
これは出し手、受け手が悪いというより広島の選手が見事にDFラインとボランチが連動していて、スペースをつぶしていたと言えるでしょう。

この状況を脱するべく遠藤選手が左サイドでボール交換により柏選手をオジェソク選手に付かせ、柏選手の裏スペースを作ったところに岩下選手がピンポイントパス、という流れからの得点でした。

後半になると明神選手に代えて大森選手を投入し、いつもフォーメーションに変更。

そうすると広島選手の距離感が伸び始めたこともあり、ガンバペースに。

迎えた後半9分。左サイドでボールを受けた宇佐美選手がクロス。
これを阿部選手がニアで釣ったスペースにパトリック選手が走り込み、ヘッドで同点!

主導権を離さないガンバは後半26分。遠藤選手がバイタルに入り込む動き出しからの攻撃スイッチにより、阿部選手がシュート、GKが弾いたボールを大森選手がヘディングで詰めて勝ち越し!

その後もペースを譲ることなく、リードを保ち、見事優勝を飾りました。

いやあ、結果を知ってても痺れた試合でした。

★このゲームのワンポイント★
MVPのパトリック選手です。
これまでの試合以上に高さ、フィジカルで相手を圧倒していました。
あの身体能力のFWを相手にしたら、そりゃDF陣は押し込まれますわ・・・。味方で良かった。。

★ガンバ大阪 プレーヤー個人採点★

GK東口選手:6.0
失点シーンはしょうがなし。それ以外は安定のセービング。日本代表に選ばれるなど、順調にステップアップしてます!

DFオジェソク選手:5.5
ちょっと厳しめに。
守備では穴がなく、パーフェクトではあるものの、ビルドアップの時にあまりにも横パス、バックパスが多すぎます。
貴方から攻撃の意志が発せられた時、ガンバの攻撃は一皮むけるはずです。

DF丹羽選手:6.0
佐藤選手、皆川選手とタイプが違うFWにも見事対応していました。優勝チームのDFに恥じない活躍でした。

DF岩下選手:5.5
PKを取られたハンドはしょうがないとしても2失点目は完全にミスです。
ただその後は広島オフェンス陣をシャットアウトしてくれて、自身初めての優勝をもぎ取りました。

DF米倉選手:6.0
ちょっと攻撃面でアップダウンが物足りなかったかな~という印象です。

MF遠藤選手:6.5
1点目のアシストはさすが!の一言です。
それ以上に3点目の動き出しがThe遠藤選手でした。
何気ないパスや動き出しで攻撃のスイッチを入れる戦術眼をこの試合ではぞんぶんに披露してくれました。

MF今野選手:6.5
やっぱり代表に選ばれちゃいますよね??という活躍をこの試合でも披露。
確かに日本代表でアンカー今野選手はちょっと見てみたい(^^;)

MF阿部選手:6.5
2、3点目に見事絡みました。
特に2点目。阿部選手らしいランニングが復活です。
ゴール前にも現れる神出鬼没な動き、今後も期待してます!

MF明神選手:6.0
周りが言うほど悪く見えませんでした。ただ、怖さがなかったことは事実です。
とはいえベテランらしくミッションを遂行する姿、カッコいいです。

FW宇佐美選手:6.0
宇佐美ブーストはやっぱりリーグ浦和戦にお預けですよね(^^;)
もうちょい待ってます!

FWパトリック選手:7.0
水本選手が気の毒になるくらいフィジカルで圧倒してました。
遠藤選手と異なり、試合間隔が空いた方がコンディション万全ですかね?
(それが普通か・・・)

<途中交代プレーヤー>

MF大森選手:6.5
結果を残しました!
また素晴らしい上下動を見せてくれました。これで「大森晃太郎」の名前が全国に知れ渡ったことでしょう。
ますますの活躍を期待します。

FWリンス選手:-
試合出場時間が短く採点不可。

MF倉田選手:-
試合出場時間が短く採点不可。
久しぶりのタイトル。
だが、「まだ一冠」と贅沢に考えさせてもらってます。
この勢いで次は天王山だ~~~!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です