営業パーソン的文章術とは

20141008ブログ投稿用
この「楽しくラクな営業へのチャレンジ」ブログは私の営業人生で初めてのブログです。
書き始めてから、なんだかんだ約1カ月。
ほぼ毎日継続してブログを書くことが出来たな~っと自画自賛してあげたいです(笑)
「そんな低品質の内容で何を言ってるか!」 とか
「たまに書いてないじゃん!」 というお声が聞こえてきそうです
が、このブログを1回でもご覧いただいた方と実際にお会いすると、
あのボリューム書くの、結構大変でしょ?どれくらい時間掛かってるのですか?』とご質問を頂くことがございます。

正直あまり考えて書いておらず、書きたかったり、パッと思いついた内容をダラダラ書き綴っているだけなので最大でも30分、大体15分程度で書き終わります。

たまに思いついた内容を詳しく調べたくなったりしまって、ネットサーフィンに明け暮れる、、、ということもありますが、原則30分以内で書き終わることを個人的なルールと定め、直感のままに書いています。

で、約1カ月やってきて、文章を書く、ということで気付いたことは、
1つの事象、テーマを・・・
・具体化だったり、詳細化だったり、膨らますだけ膨らませること
・膨らましまくったものを抽象化してシンプルにすること
この2つの作業の繰り返しである程度文章というものは形になるのだなー、ということでした。

今日もそうですが(笑)、私の場合はテーマから枝葉を思いついたままに拡げていって、オリジナリティ且つ読み手の皆様に喜ばれるようなところが見つかるまでテーマを拡散させていきます。

そして急所が見つかったら、今度は構成を考え具体化と抽象化を繰り返し文にしていく、という感じです。

たとえば私の大好きな「サッカー」というテーマで何かを書きなさいとなった時には以下のように考えていきます。
※注 単純にサッカーの話を拡げていくだけでなく、ビジネス視点で発見があることを文章にすることを考えたときの私の頭の中の遷移です。

・サッカー
↓ 今年、盛り上がって、一般的に知られている事象ってなんだっけ?
・本田圭祐選手がACミランに移籍
↓ なぜ、移籍出来たのか?
・本田選手が凄いところってなんだろー
↓ WEBで検索(約2分)
小学校の作文を発見
************************************
ぼくは大人になったら 世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。

世界一になるには世界一練習しないとダメだ。だから今ぼくはガンバっている。
今はヘタだけれどガンバって必ず世界一になる。

そして世界一になったら大金持ちになって親孝行する。

Wカップで有名になってぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。そしてレギュラーになって10番で活躍します。
************************************

これは営業パーソンの目標達成やビジネスマンの自己啓発としてビジョンといった話の事例として使えそうだ!

てな感じです。

今日なんかは長くなってしまいましたが、このメルマガも出来ればもう少し短く、しかし中身はよりレベルの高い最新の営業手法や情報、気づきを皆様に与えられるものを意識し、引き続き書いてまいります。

具体化してシンプルに、と言いつつこれまでのブログの中で一番の文章量になってしまいました。。。

【編集後記】

サッカーは観るのも、やるのも、マンガを読むのも、選手の自叙伝や雑誌を読むのも大好きです。
最近は本田圭佑選手ですが、最近読んだ中ではガンバ大阪の元社長の金森さんの本が面白かったです。

P・Fドラッカーの言葉が要所要所に出てきて、やっぱりプロサッカークラブの運営もビジネスマインドの上で成り立つものだと再認識できる本でした。オススメです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です