失敗してもいいじゃない、人間だもの  by セールスデザイナー

20141009ブログ投稿用

皆さんはこれまでの人生において失敗ってしたことはありますか?

以前、「ビビり癖!?」という題でメルマガを書いた通り、私は失敗を恐れてビクビクするタイプです。いや、正確にはそもそも挑戦しないタイプでした。

だって失敗した時ってダサイじゃないですか。

出来なかったこと、うまくいかなかったことばかりを考え、踏み出せず、挑戦出来ない人間でした。

■失敗しまくった社会人なりたての頃・・・

ただ社会人になって、会社という強制力の中、チャレンジせざるを得ない環境に置かれました。そして、あまりにも多くの失敗をしていく中で、それも同じような失敗を積み重ねていったことで、同じ失敗さえしなければ「うまくいくこと(成功)へのキッカケになってるじゃん」ということに気付けました。

■失敗から学んだ例

例えば営業(というか私の場合)でいえば・・・・
・プレゼンの時に毎回お客様の中に寝られてしまう、、、、とか
・最初の面談で2時間くらいヒアリングさせてもらったにもかかわらず 的外れな提案書を次の面談で持参し、「もうオタクは結構です」と言われてしう、、、、
といった具合にいくつもいくつもいくつも失敗を重ねてきました。
しかし数々の失敗のおかげでウザすぎるくらいの手振り身振りでプレゼンを行い、参加したお客様を飽きさせないという方法を身につけることが出来たりしました。

■本田圭祐選手に見る失敗学

失敗についてプロサッカー選手の本田圭祐選手も次のようなことを仰っています。
~以下、Number 842号より引用~
人間にとって、失敗ってじまんできるもので。日本人はどうしても失敗をおそれてしまう文化の中で生活しているけれども、何度も言うように失敗しているときがチャンスなんですよ

成功している時よりも失敗している時の方が反省したり、何かを改善しようという意識が働きます。
失敗したことを「まあ、しょうがない」ですまさないことが大切です

営業についても受注や契約を増やすための最短距離は失敗(失注やミス)から何かを学ぶことだと思っています。

皆さんは最近、どんな失敗をしましたか?そこから何を見出しましたか?

失敗するようなチャレンジこそが楽な営業への近道となるはずですので落ち込む前に「チャンス!」と捉えましょう。

【ブログ後記】

先日、車を買いました。
しかし先週、私が買った車種のマイナーチェンジが発表されました・・・。
発表された記事には「インテリアもラグジュアリータイプに変更され、荷室の拡大も実現されました」とありました。

久々に『ショック・・・・』です。

ディーラーの営業さんが購入前に教えてさえくれていればこんなに落胆することもなかったと思います。
営業さんの考えも分かります。マイナーチェンジの情報を開示してしまうと購入時期がズレるかもしれない、きっとこう思ったのでしょう。
今日のメルマガにも書いた通り、プラス情報もマイナス情報も公開してくれてこそ、その会社、営業さんを愛することが出来ると思っている私にとってはかなりダメージを受けました。

まだ立ち直れていません、、、、という愚痴のような後記になってしまいました。ご勘弁を。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です