おもてなし営業

すこし(だいぶ?)前の話題となりますが、東京五輪の開催が決定しましたね。
五輪招致の最終プレゼンテーションで話題となった滝川クリステル氏の「お・も・て・な・し」はとてもカッコ良かったですね~。

一方で「おもてなし」とはそもそもなんぞや、という疑問がわいたのでおもてなしの語源を探っていくと・・・・・

『眼に見えるリアルな「モノ」』
『言葉や表情、仕草など眼に見えない心を表す「コト」』

この2点でお客様の五感と心に満足、感動を与えることが「おもてなし」である、と言われているようです。

これってまさしく営業じゃん!と思いましたので少し営業(営業組織)にリンクさせてみると・・・・

モノとは商品(もしくは企業が開発、製造しているコアサービス)。
そしてコトとは商品を除いてお客様を満足させる力、体制、シクミだと考えられます。

こう考えると世の中に出回っている「営業力強化○○の掟」とか「絶対に売れる営業マンになる」といったような本は商品を『売る』テクニックは書かれていますが、お客様を満足させるための方法論は書かれていません

私が様々な営業現場を見てきた中では不動産関連と自動車ディーラーがこのおもてなしに近しい‘コト’の提供を行っていました。
しかしBtoBの営業パーソンはやっていない、もしくはやる努力があまり見られない
なぜでしょうか??ここにまだまだ営業改善の余地があると私は考えています。

たとえ営業担当が代わっても過去の経緯ややり取りを踏まえた上で前任と同品質以上の対応を実施するとか、最新情報を全社的に実施するとか、お客様が必要とするタイミングで必ず情報提供できるようにする などが「コト」の充実の1つの方法というか課題として挙げられます。

皆様方においてもお客様を満足させ自社へのロイヤリティを高めるために、『お客様はどんな情報がもらえたら喜んで頂けるだろうか』『お客様はどのようなタイミング(期間)で自社の営業担当者から定期的に連絡が届いたら喜んで頂けるだろうか』こういった顧客視点で営業部門が商品提供以外にお役にたてる点を今一度、お考えください

私が生業として開発、販売しているSFA・CRMは、営業パーソンが‘おもてなし’を実践することを手助けするITツールですので、私自身ももう少し「おもてなし営業」については理解を深めなければなりません。。。
元々興味があった分野ですので、このブログの中で今後も部分的に紹介させていただき、私の中で体系立てていければと思っております(笑)。

【ブログ後記】

“おもてなし”について考えていたところ、もてなすことがお客様からの満足度を高めるとか、自社の付加価値になる、とか“おもてなし”によってもたらす利益について色々なことが頭に思い浮かびました。
でも、結局のところはお客様が「○○社に任せてよかったー」「◆◆さんが担当で良かったー」と笑顔で言ってもらえるかどうか、ということです。

おもてなしもそのための1つの手法であるが、諸外国にはない日本の伝統的な「心」は日本企業、日本人営業パーソンは持っておくべきだと考えが戻るのです。。

あー、やっぱり考えが整理されてません。もう少しまとめます・・・・。


「おもてなし営業」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です