facebook営業【営業パーソン活用編】

前回、SNSや最新のIT、情報共有ツールを駆使して「●●で困ったら■■」とパッと頭に浮かんでもらえるよう営業パーソンは自身をブランド化しなければならない、と伝えました。
※●●はお客様の課題やお困りごと、■■は皆様の会社だったり、営業パーソンの名前。

今日はその手法の1つとしてfacebookを取り上げてみます。

facebookについての説明については言わずもがなだと思いますので割愛し、営業活動における具体的な活用手順に触れてまいります。

その1.まずは積極的に友達申請すべし
その2.お客さんの投稿には積極的にコメントや「いいね!」をクリックすべし
その3.プライベートと仕事=9:1くらいで投稿すべし!
これが大切

とても簡単ですね、以上3点です。

その2、その3が私としてはポイントだと思っていて、友達承認を得たお客さんの投稿には目を光らせておいて、投稿があった場合には何かしらのコメントを投下しておきます。これによって、2回目の面談だとしても「この前、お子さんと動物園に行かれてましたね!」「先週、行かれていた野球の試合、僕もTVで見ましたが面白かったですね!」といった具合に実際にそこまで会っていないにもかかわらず共通話題が出来るわけです。

これはつまり営業活動の目的の1つでもある『お客様との心の距離を縮めて信頼・信用を勝ち取る』をfacebookによって後押ししてくれるわけです。

また自身の投稿でたまに仕事へのスタンスや自社商品の良さ、事例などを語ることで、●●を■■さんは解決してるんだー、と印象を残すことが出来ます。
ただ、頻繁に仕事関連の投稿をしてしまうと「■■さんは仕事の投稿ばかりだからな」と心的距離を縮める効果が弱まってしまうため、大事なことは投稿のバランスとなります。

今回のブログでは(いつも?)大したことを言っておりません。
むしろ既に有意識、無意識にせよ実践されている方はいらっしゃるはずです。
このような取り組みをされていなかった方は意識を少し変えるだけでお客様との距離感が変わり、これまで以上に客先で話が弾むようになるはずですので1つ取り組んでみては如何でしょうか?

※そんなビジネスライクにfacebook上で友達になんてなりたくない、というご意見も承知した上で書きました。賛否両論あるとは思いますので、皆様のお考えやご意見を下さい。

【ブログ後記】

私が勉強のために参加した「法人企業のfacebookページ活用」の第一人者である株式会社ダブルループ様より・・・・
・2014年9月末日までのお申込み限定で
・通常3,000円のところを特別価格で
・本ページ(sales-designer.com)からのお問い合せ限定で
特別提供させて頂く了承を頂きました。
ご希望の方は「お問い合せページ」の本文に[facebookDVD希望]とご記入の上、お問い合せください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です