ブログ感想を頂きまして・・・

今日はこれまで届いた読者の皆様のご意見を今日は紹介させて頂きます!
・「プレゼンが苦手」へのご感想
http://sales-designer.com/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%81%8C%E8%8B%A6%E6%89%8B

WEBコンサルタントのF様より

「確かに伝えたい内容を目次とかにすると分かりやすいです。あと、私は最初に今日のセミナー受けに来た皆さんの目的ってなんですかー?ということを必ずスライドに入れるようにしてます。」

なるほどー、目次を作ることで聴衆(受講者)に「聴く姿勢」を作ることが出来ますもんね!
2点目のセミナー参加目的を確認する点についても同様の効果だけでなく、どうしても講師→聴衆と一方的な話になってしまいがちなセミナーでは聴衆(受講者)に当事者意識というか参加意識を醸成することに繋がり
そうです。
早速パクらせて頂きます(笑)

・「おもてなし営業♪」へのご感想
http://sales-designer.com/%E3%81%8A%E3%82%82%E3%81%A6%E3%81%AA%E3%81%97%E5%96%B6%E6%A5%AD

食品商社営業マンのN様より

「私が人事の時に学生に問いかけていたのが、「メーカー営業と商社営業、どちらの方が営業力を必要とするか」ということでした。私の答えは「商社営業」です。メーカーは商品力で勝負、商社は「人間力」で勝負する必要があるからです。その「人間力」こそ、まさに「お・も・て・な・し 営業」ができるかどうかだと思います。」

このご感想を頂けたことでやっぱり商社(モノを作っていない会社)は営業力、ここで言う「人間力」に重きを置いているということを実感しました。

また、買い手が喜ぶ瞬間というのは満足の上に満足を積み重ねられた時である、とこの感想をもらって思い出しました。

モノで満足させることはもはや現代において前提条件となっており、そのモノを買うまでの過程(提案方法)だけでなく、提供する過程(物流や提供手段)やモノを使った後、更には故障した瞬間のアフターフォローで小さな満足を積み重ねていくことができ、満足を超えた感動を生み出します
これこそが人間力の成す業だと私は考えています。
商社や問屋、卸売関連の企業につとめる営業の方はこのあたりの感度がとても鋭いのでしょうね。感服しました。

私が伝えたい内容はどうしても日々直面している具体論を抽象化したものですので、是非、本メルマガの読者の皆様は上述のご感想のように皆様自身の業務に照らし合わせて、再度具体化していただき、日々の活動において何かしらのお役に立てたらとても嬉しく思っております。

私が日々述べていることもあくまで私個人の偏ったモノの見方ですので、皆様のご意見、ご感想、引き続きお待ちしております。
ただ、打たれ弱い人間ですので、出来れば優しく前向きなご感想で・・・っていうのは冗談で、「あなたの考えは違う、こう考えた方がいい」というご意見も遠慮なくご返信ください!

【ブログ後記】

私は以前、コンサルティング会社に勤めていたのですが、その時は結構ツッパってました(笑)
誰かの意見に耳を傾けるということは少なく、あえて聞いてみるということもしていませんでした。
ただ2~3年前くらいから「人を動かす」のDカーネギーの本を読んだ影響もあって他の人が自分の意見に対して反論したり違う意見を述べるということはとても有難いことなんだな、と思い、感じるようになり受け入れるようになりました。ちなみにDカーネギーはこう言ってます。

われわれはお互いに相手を尊敬すべきだ。どっちみちお互いに大した人間ではないのだから。百年もすれば完全に忘れ去られてしまう。人生は自分の手柄話をとくとくと述べ立てるには短すぎる。相手に話をさせよう。

深いぜ、カーネギー!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です